2015年度の大崎支部では、支部の会員の皆様に楽しく参加いただけるよう、
「時代のトレンドを知ろう」・「健康増進に努めよう」・「“しながわ夢さんばし”に参加しよう」・「大崎のまちを知ろう」
をテーマにさまざまな事業を行いました。


2015年814日(金)

「時代のトレンドを知ろう」
お台場コミックマーケット視察 <7名参加>

毎年70万人の若者が集まり、今やクールジャパンの代表的イベントとなった『お台場コミックマーケット』を視察。私たち行った時間帯はすでに集客のピークを過ぎていたようですが、まだまだ多くの人で賑わっていました。
 
聞きしに勝る若者の一大イベントを体感でき、今回の企画は有意義だったと思います。視察の興奮醒めやらぬ?中、大崎ニューシティ内「香港食卓」にて懇親会。視察の感想をはじめ、大いに盛り上がりました。


 

2015年914日(月)

「健康増進に努めよう」
NASスポーツジム ヨガ教室 <26名参加>

地元『NASスポーツクラブ大崎』にご協力頂き、上級インストラクターによるヨガ教室を開催しました。インストラクターの「自分の出来るレベルで、人に見せるものでも見るものでもなく、自分のからだと対話を」の言葉に従って、先生のポーズを一生懸命真似て、短くもあり長くもあった充実した1時間でした。
おそらく初心者向けの優しいポーズだけであったと思いますが、次から次へといろいろな姿勢があり、体力的にも結構厳しい感じでした。ただ、ヨガをやっている(初心者ではない)参加者からも、「充実したヨガ教室であった」という感想をいただき良かったです。
 
懇親会は『マチキチ』にて立食パーティー。マチキチのスタッフのアットホームな心遣いに参加者から大好評でした。懇親会参加者の殆ど全員が、大崎地域での交流は初めてということで、普段触れ合う機会がない方々との会話は楽しかったようです。勤務地としての認識しかなかった大崎地区について、新たな愛着・縁というようなものを感じていただけたのではないかと思います。


2015年1012日(月・祝)

「“しながわ夢さんばし”に参加しよう」
ノンストップ山手線夢さんばし号に乗ろう <40名参加>

大崎駅南口東西自由通路(夢さんばし)を中心に様々な会場で繰り広げられる手作りイベントの中の超人気イベント『ノンストップ山手線夢さんばし号』(通常は往復ハガキ申し込み。抽選)に、大崎支部会員40名が乗車、ノンストップ山手線1周の旅(約1時間)に出発進行!!この『夢さんばし号』も今年で28年目を迎え益々大人気で、山手線外回り11両編成の座席は満席、立って乗車の方も多くいらっしゃいました。一番のポイントはやはり、どの駅にも止まらないところ。ホームで待っている人々がキョトンとした顔をしたり、我々に応えて手を振ってくれたりするところが大変愉快で面白かったです。
『夢さんばし号』の中では、大崎一番太郎・演奏隊・外国人の着物ショー・アラフォーアイドル・大崎警察署の着ぐるみPR、などのパレードや、乗車全員での合唱、手つなぎなど、いろいろなパフォーマンスが繰り広げられましたまた、綱嶋副支部長(夢さんばし実行委員長)のアナウンスパフォーマンスが素晴らしくあっと言う間の1時間の旅でした。
 
大崎の風物詩となっている一大イベントを経験できたことは、今回のイベントの意義があったと思います。

 


2015年1127日(金)

「大崎のまちを知ろう」

目黒川から冬の桜イルミネーションを見よう <21名参加>

今や大崎の冬の夜の風物詩になった『冬の桜イルミネーション』を、屋形船「船清」の平船に乗って目黒川から鑑賞しました。当日は快晴で風もなく、満月に近い月がでており絶好の日和。綱嶋副支部長のガイドのもと、ほの暗い河口から目黒川を遡った参加者一行。林立するビル群の中にひときわピンクに輝き、幻想的かつ都会的なクールさを漂わせたイルミネーションを目の当たりにし、普段とはまた違った光景に大きな歓声が沸き上がりました。
船は屋根もなく季節柄冷え込みましたが、右近支部長夫人お手製のホットワインのおかげで、寒さをあまり感ずることもなく、あっという間に時間が過ぎていきました。

帰路は、船清さんのご好意によりレインボーブリッジまで足を伸ばしていただき、スカイツリーや、東京湾の夜景を堪能できました。
 


 

参加された皆さんは、おそらく初めての経験だったようで満足していただけた事と思います。